月 の 上

4/28(土)、GLSLライブコーディングのワークショップを開催します

f:id:amagitakayosi:20180423123311p:plain

こんにちはアマギです。
VEDAというライブコーディングVJシステムを開発しています。

この度、TOPLAP JP主催で、GLSLライブコーディングのワークショップを開催することになりました!

お申込みはこちら: http://toplap.jp/post/2018-04-28

TOPLAPは世界中に支部があるライブコーディングコミュニティです。 今回は日本支部のmoxusさんからお誘いがあり、京都でワークショップを行うことになりました。 moxusさんはAlgorave Tokyoに出演したり、Tokyo SuperColliderを運営されていたりと、東京のライブコーディングコミュニティで活躍されている方です。

http://tokyosupercollider.blogspot.jp/

ワークショップの内容

GLSLはWebGL等の3DCGで利用するシェーダー用の言語です。 本来は3DCGのライティング計算のために作られましたが、現在ではGLSL単体で映像を生成したり、VJソフトで映像エフェクトとして利用されたりと、幅広い分野で使われています。

今回のワークショップでは、ライブコーディングに特化したGLSL表現を学びます。 おおまかな内容としては以下を予定しています:

  • GLSLの基礎
  • フラグメントシェーダーの基礎
  • 画像/動画にエフェクトをかける
  • 頂点シェーダーと組み合わせる
  • 音声入力やMIDI入力を利用した表現

初学者でも学べるように心がけます。 時間に余裕があれば実習とか、GLSLで音楽を生成する話もできれば良いな。

VEDAについて

veda.gl

講義では、拙作のライブコーディングシステム VEDA を使います。 Atomのパッケージとして動作し、スムーズなGLSLのコーディングを可能にします。

VEDAは以下のような特長があります:

こちらは実際にVJをした時の様子です。 GLSLでリアルタイムにエフェクトを書いて実行しています。

www.youtube.com

他にも、3Dモデルを利用するとこのような表現も可能です。

www.youtube.com

このブログでは、これまでもVEDAについて紹介してきましたので、興味のある方はご覧ください。

というわけで

GLSLやライブコーディングに興味のある方はぜひご参加ください!! また、ワークショップという形式ではありますが、関西のクリエイティブコーディング系の方々で集まって交流できたら良いなーと思っています。

よろしくお願いします!!

お申込みはこちら: http://toplap.jp/post/2018-04-28