月 の 上

瀬戸内の島めぐり(1): 高松,男木島

今年のシルバーウィークは、有給を使って瀬戸内海の島々を観光した。 瀬戸内の島には、地中美術館豊島美術館といった空間を贅沢に使った美術館があったり、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)というアートイベントが催されたりしていて、そういったことに興味のある皆様の集まるホットな観光スポットとなっている。

今回は瀬戸芸の会期ではなかったが、会期外でも沢山の作品が展示されていた。 展示以外にも、単純に島々を歩き回るだけで楽しめた。

2016-09-22

京都〜高松

京都からバスで高松へ。 出発2分前にギリギリで搭乗。 僕は乗り物酔いに弱いから前日に薬を買っておいたのだけど、コンビニに行く時間もなくて、志津屋で買ったクリームパンで無理やり飲み込んだ。

男木島

高松港から高速船「めおん」で男木島へ。 女木島、男木島をつなぐということで「めおん」。「ん」がどこから来たかは知らない。

到着したら「円」でご飯。 お米が独特な感じでおいしい。

灯台へ向かう。 道中には、よくわからないテンションで書かれた道標が置かれている。

灯台から街へ帰るのに、少し観光スポットも見ていこうと山の方へ歩いたのだけど、これが予想を遥かに上回る険しさで、途中マジで死を覚悟した。 サンダルで気軽に入っていい山ではなかった……

街に戻って作品鑑賞。

男木島は猫がおおいことでも有名。 街を歩くと、野良猫に餌をやるなとか、さくらねこ についての啓蒙ポスターが沢山貼られている。

豊玉姫神社からの眺め。 山幸彦と海幸彦のお話にでてくる豊玉姫の神社だそうな。 あと「男木島は龍宮城だった」みたいな話もあるらしく話題が豊富。

もしこの島に生まれてたらこの神社に入り浸ってただろうな、と思うような風景。

高松

高松のアーケードをあるく。

夕飯。 去年に引き続き、骨付鳥を食べる。 ライブハウスの隣にある店で、壁にいろんなバンドのポスターが張ってあってなんだか親しみやすい。

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37005271/

長くなったので続きは明日。