読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
月 の 上

กระต่ายหมายจันทร์

タイで4日間過ごした。

知らない文字に囲まれて、本当に着くのかと不安になるバスに乗ったりしてた。 川と海と高層ビルの隙間に、水色と緑とピンクと金と、土色と、あと無数に吊るされた黒い電線の中を、フワフワさまようような旅だった。

経緯

旅行が決まったのは3ヶ月前。2,3日のうちにエクスペディアで航空券とホテルを予約して、あとへ引けない状況になった。 その後、GitHubのprivateレポジトリでissueを立てて、一日ごとのスケジュールとか、移動手段を検討していった。

f:id:amagitakayosi:20161201005800p:plain

SIMカードとかGrabとかの情報を恋人がどんどん収集してくれてメチャクチャ助かった……!

お役立ち情報

ホテル

Amari Watergate Bangkok というホテルに泊まった。

アマリウォーターゲートバンコク - プラトゥーナム地区にあるバンコクのホテル

エクスペディアで施設と場所を見て決めたんだけど、あとで調べると日本語サイトがあったり、日本人スタッフが居たりした。 日本人スタッフの人は調べ物やお店の予約などを手伝ってくれて凄く助かった。 部屋も綺麗で過ごしやすく、はじめてタイに行く人にはオススメできる。

SIMカード

SIMカードはtrueのものを利用。 ドンムアン空港のカウンターは6:00開店とのことだったけど、5:40ごろには開いていた。 店員のお姉さんはずっと髪を編み込みながら話してたが、無事LTEのSIMを入手。 4日間で7GB、意外と充分だった。

Grab

ドンムアン空港からバンコクまでは Grab を利用。 東南アジアで展開してるUberみたいなやつ。

https://www.grab.com/

都市部の移動は大体これか、メータータクシーを利用した。

タクシー

「METER TAXI」って書いてあるけど実際メーター使わないタクシーもあるので注意。 乗る前に確認しよう。

ぼったくり

タイ旅行で「気をつけろ」と言われるのがぼったくり。

今回はタクシー、バス、船で移動したけど、意外とボラれることは無かった。 タクシーでちょっと高めに取られることはあったけど、日本円で数十円程度だし、まあいいか、という感じ。 一番交渉が大変そうなトゥクトゥク、ソンテオには乗らなかったので、その辺は分からない。

地球の歩き方やブログでみた「ワットポーはは今日やってないよ!」おじさんは存在した。 ワットポーへ向かう王宮近くの道で遭遇。 その日は前国王の弔いイベントの日で、王宮を見るのは諦めていたので、王宮への道を塞がれても困りはしなかったが、強引に宝石店に連れて行かれることもなく、おじさんの目的は不明。

食事

うまい!!!!!!!!!!!! 屋台のパッタイが美味しすぎた

  • 英語通じなくてもジェスチャーと笑顔で頑張ろう
    • 都会のお店だと英語が通じる
  • 屋台が沢山あるので、ちょっとずつつまみ食いして歩くのもよさそう
  • 食費は店によって全然違うけど、だいたい日本の 1/3 〜 1/2程度
    • 瓶ビールが 80バーツ (240円) くらい
    • 屋台だとパッタイ一人前 40バーツ (120円)
    • アユタヤで名物のエビ食べたら 1600バーツ (4800円) だった

コンビニ

  • セブンイレブンがどこにでもある
    • まれにファミマもある
  • プリッツ ラーブ味」とかある
    • 空港のお土産屋さんとかにはないので、早めに買っておこう
  • レッドブル系のスタミナドリンク、なぜか炭酸ない

以下、写真


電車もバスもタクシーも乗り方がわからないので、拙い英語で話しかけまくったり、とかく行動力になって強くなった気がしたんだけど、帰ってきたらどこか遠い国の出来事なんだよなあ。

帰国から1週間たって、良かった記憶だけが残っている。

エンジニア立ち居振舞い「自分の担当範囲を意識する」

お題「エンジニア立ち居振舞い」

僕は今のチームでフロントエンド担当ということになっている。 一応肩書は「アプリケーションエンジニア」だしサーバー側のコードもガンガン書くけど、他のエンジニアとの立ち位置を考えると自然と担当範囲が決まってくる感じだ。

担当範囲の決め方

うちの会社ではWebサービス開発を行うエンジニアを「アプリケーションエンジニア」として一律に扱っているが、その実メンバー毎になんとなく担当範囲が存在する。 担当範囲は、個人的な嗜好、経緯、あとはチーム内での分担で決まる。

僕の場合は、フロントが好きということもあったし、チームに入ってすぐフロントのタスクをゴリゴリ進めた結果、すんなり現在のポジションに落ち着いた。 チーム内で一番JS書ける必要はなくて、チーム内での比較優位で決まることもある。

今のチームでもう2年以上も働いていて、その割に知らない仕様とか沢山でてくるけど、それらを全部把握しようとは考えてはいない。 わからない事があれば知ってる人に聞けばよい、と考えている。

メリットとデメリット

たとえば、タスクの内容によって反応すべきかどうかフィルタリングできる。 Slackでは沢山のチャンネルにjoinしてるけど、ひと目見て「これは○○さんの分野だな」と思ったらスルーするようにしてる。 GitHubのissueも同様。 全部見るという人もいるけど、僕は仕事に集中してる間Slackに気づけないタイプなので、気にせず流すようにしてる。

あと、担当範囲はどこかでアピールしておいて、他のメンバーにも共有しておく。 そうすると自然と「画面でバグでたら @amagitakayosi に報告しよう」とか「npmの話題だから @amagitakayosi に聞こう」となってくれて、とても助かる。

担当範囲を意識することで自分の可能性が狭まるかというと、そうでもないはず。 名刺に書けるような自分のスキルを追加するぞ、くらいの気持ちになれる。 社内で新プロジェクト始まる時に「このJSどう思う」みたいに聞いてもらえたりして嬉しい。

ただ、自分の好きじゃない分野の担当になったら、あんまり我慢せずとっとと切り上げたほうが効率良いと思う。

社内ブランディングとチーム間コミュニケーション

担当範囲がはっきりしたエンジニアが集まると、チーム間でのコミュニケーションがしやすいというメリットもある。 うちの会社では、インフラ系の人やスマホアプリエンジニアは担当範囲がはっきりしていて、ミーティングを開いたり、ある種の独立自治体制を築いている。 フロントエンドはまだまだだけど、フロントエンドランチ みたいな活動を続けていって、いずれいい感じになりたいなと妄想している。

2016-10-09 冷蔵庫、WordPress

冷蔵庫が届いた

ドアチャイムの音で目が覚めた。 10時過ぎに冷蔵庫が到着。 冷蔵庫の中身や、上に載せた電子レンジ、炊飯器を急いで退ける。

作業員は二人組。異常に手早くて、古い冷蔵庫の回収から新しい冷蔵庫の設置まで3分ほどで完了してしまった。 古い冷蔵庫は家電リサイクル法で回収してくれる(3000円くらい)。

f:id:amagitakayosi:20161015144308j:plain

新しい冷蔵庫はこれまでに比べるとずっと広いので、中が寂しく見える。 しばらくは食器とか入れておこうかなあ。

マルニカフェ

tabelog.com

家のすぐ側にあるんだけど、なかなか機会がなくて入れなかった。 日替わりランチを注文。結構ボリュームあって良い。 スイーツと称してたい焼きを売ってるので、冬にふらっと寄って食べてみたい。

WordBench 京都 & ng-kyoto 10月勉強会

wb-kyoto.connpass.com

13:00 からはこちらの勉強会に参加。

弊社ではフロントエンドランチと称して、昼休みに技術相談をしたり、技術ニュースやイベント情報をチェックしたりしている。 そこで dots の JavaScript タグを眺めていたら ng-kyoto の名前を見つけた。

最近たまたま WordPress 開発の話を聞く機会があり、自分の守備範囲とは異なる「WordPress界隈」について興味をもっていたところだった。

京都駅から徒歩6分!コワーキングスペースcoto(コト) - cotoworking ページ!

会場は京都駅近くのコワーキングスペース coto。 看板などはなく、建物の外から coto の場所はわからないので少し困った。 入り口にフラダンス教室のポスターと獺祭の瓶が置いてある建物だ。

会場にいたのは20名程度? 小さな会場だが、 WiFi も電源もあるということで、駅前でちょっと作業するのには良さそう。 ただ、イベント中に「一斉に npm install したら回線詰まるので気をつけて!」とアナウンスされるなど、良識が問われる感じ。

発表内容については Twitterの#wbkyotoタグ を参照。

個人的に印象に残ったのは男木島図書館の話。先月男木島に行ってきたばかりだ。 なんと男木島図書館を作ったのは WordPress コミュニティの人だったらしい。 「男木島 wordpress」でググると、他にも中の人がiPhoneアプリをデザインした話などが出て来る。 前回の旅行では残念ながら定休日で行けなかったけど、次に行く時はそういう話も聞けたら楽しいかも。

WiMAX2端末が届いた

4年使ってるWiMAX端末が壊れてきたので、WiMAX2を新規契約した。 これまでに比べると速い気はする。 試しにKUNG FURY見てみたけどストレスなく視聴できた。やったー

www.youtube.com

ただ、動画みると3GB/3日制限に一瞬で引っかかりそうなのは気になる。

スーツを受け取った

四条の P.S.FA で注文していたスーツを受け取った。 どんな場面でも着られるやつがよい、ということで無難な黒いスーツにした。 店員に勧められるままに買ったところトータルで5万弱飛んだ……。 スーツなんて年に2,3回しか来ないので、元を取るために10年以上使いつづけたい。

WordPress入門した

用事が済み、オフィスに寄って WordPress 入門してみた。 WordPressWordPress.org で試したり、大昔にレンサバで動かした程度の知識しかない。

とりあえず手元で動かして記事を書いたり管理したりしてみる。 modern wordpress でググってヒットした諸々を試す。

手元で動かすなら WP-CLI で充分そう。 VVV は Vagrant 上で動かす環境。なんか複雑なことしてそうだけど何が嬉しいんだろう(README.md長い……)。

手元で動かして本体のコードちょっと読んで飽きた。 また機運高まったらプラグインとか書いてみると楽しいのかもしれない。

2016-10-08: 京都芸術センター, ヨドバシ

京都芸術センター / 前田珈琲

読書したりちょっと作業したりするために図書館へ行こうと思っていたのだけど、どうやら京都の図書館ではPCを開いたり勉強するのはNGらしい。 大学時代に図書館で好き勝手していたので感覚がマヒしていたのかな。 京都で自習できる場所を探すと、大学生向けのまとめサイトがいくつかヒットする。 その内のひとつに京都芸術センターがあった。

京都芸術センターに来るのは、インターンで京都に初めて来たとき以来だ。 ここは廃校になった小学校を改装した施設で、現在ではカフェ、小さな図書館(?)、ギャラリーなどとして利用されている。 京都にはこのタイプの施設が特別多い気がする。

この日は同時に3つくらいの展示が行われていたけど、今回の目的は読書等なのでスルー。 今週の土曜にでも行こうかな。

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26001901/tabelog.com

13時頃、前田珈琲で昼食。 ちょっと値段高めだけど、誰かとおちついて会話するのには良さそうだ。 店内は若い女性2,3人組や、中高年のグループなどで賑わっている。 四条烏丸から近い割には落ち着いている方かもしれない。 元小学校にしては、やけに天井が高い。調理室はタイル張りだったりして、教室じゃないことはわかるんだけど、何の部屋だったんだろう?

赤味噌ハヤシライスを注文。赤味噌の味はわからないが、卵が暖かくておいしい。 アイスコーヒーはだいぶ味が濃い方だった。

17時まで談話室で読書、作業。 高校生カップルが受験勉強していたり、ノマドっぽい人が作業していて良かった。

フィクションで親しんだ古風な雰囲気で、廊下でぼうっとしていると、知らないことを思い出しそうになる。

ヨドバシで冷蔵庫購入

冷蔵庫が壊れて困っていた。 霜取り機能が壊れて排熱できなくなってしまったらしい。 一度手で溜まった氷を掻き出してみたら2週間ほど正常に動作したんだけどやっぱりダメで、中の野菜やら何やらを腐らせてしまった。 来年あたり引っ越そうと思っているので、せっかくだから新しい冷蔵庫を買うことにした。

GitHub の issue に値段や懸念点を書いていく。 白くて、安くて、270リットル位で、という条件で探したところ、3つほど候補が挙がった。

f:id:amagitakayosi:20161015135200p:plain

ヨドバシの店頭で実際にモノを見てみた。 結果、今回はSHARPの冷蔵庫を買うことにした。

見た目とサイズ感が丁度いい。 プラズマクラスターは不要なのでもうちょっと安くしてほしい。

テーブルで書類に記入している間、やたら気さくなお兄さんが水を差し出してきて、1分くらいで早口に家庭用ウォーターサーバーの営業をされた。 ヨドバシの従業員はいろんな仕事するなあ。

Yarn速かった

Yarn 速かった

Yarn とは

https://code.facebook.com/posts/1840075619545360

Facebook, Google, Tilde, Exponentの人たちが作ったnpmクライアント。 npm install の代わりに使える。

http://qiita.com/mizchi/items/1002fde0de10e7c54fb2

詳しくはこの辺

実行時間測ってみた

試しに業務レポジトリで npm installyarn を比べてみた

  • dependencies + devDependencies : 70 個
  • npm-shrinkwrap.json : 22298 行
  • 元の node_modules : 22 KB

npm install

303 sec

$ rm -rf node_modules
$ npm cache clean
$ time npm install
(中略)
npm install  268.92s user 71.13s system 93% cpu 6:02.97 total

キャッシュなしで yarn

103 sec

 $ rm -rf ~/.yarn-cache
 $ rm -rf ~/.yarn
 $ rm -rf node_modules
 $ time yarn
yarn install v0.15.1
error npm-shrinkwrap.json found. This will not be updated or respected. See [TODO] for more information.
[1/4] 🔍  Resolving packages...
[2/4] 🚚  Fetching packages...
warning benchmark@1.0.0: The engine "rhino" appears to be invalid.
[3/4] 🔗  Linking dependencies...
[4/4] 📃  Building fresh packages...
success Saved lockfile.
✨  Done in 102.55s.
yarn  56.30s user 27.98s system 81% cpu 1:42.99 total

キャッシュありで yarn

37 sec

$ rm -rf node_modules
$ time yarn
yarn install v0.15.1
error npm-shrinkwrap.json found. This will not be updated or respected. See [TODO] for more information.
[1/4] 🔍  Resolving packages...
[2/4] 🚚  Fetching packages...
warning benchmark@1.0.0: The engine "rhino" appears to be invalid.
[3/4] 🔗  Linking dependencies...
[4/4] 📃  Building fresh packages...
success Saved lockfile.
✨  Done in 36.91s.
yarn  21.12s user 13.32s system 92% cpu 37.299 total

はえ〜

瀬戸内の島めぐり(2): 女木島,直島,豊島,犬島

前回のつづきです。

amagitakayosi.hatenablog.com

2016-09-23

高松

5:30に起床して即うどん。 釜バターうどんで有名なお店らしい。 店内には有名人のサインが沢山飾られていた。 6時オープンで6:10くらいに入店したのに、すでに店内に15人くらいいてすごい。

retty.me

女木島

きのうの男木島につづいて女木島へ。 女木島は鬼ヶ島のモデルとなった島らしい。 むかし瀬戸内海を荒らしていた海賊のアジトが鬼ヶ島洞窟であり、鬼退治とは海賊討伐を表している、とのこと。

バスが渋い。

山の上に鬼ヶ島洞窟がある。 港の案内所でレンタサイクルを借りて登る。 「電動自転車にしとけ」という案内所のおじさんを振り切ってママチャリにしたのだけど、これがまた大変で、前日の山登りにつづいて汗だくになりながら立ち漕ぎしまくる羽目になった……。 まあその分下りが爽快だったし、いい経験であった。

洞窟内ではカオスラウンジの作品が展示されていた。 めちゃくちゃ雑な映像が流れていたり、雑な写真が置かれていてひどくて良かった。

山からみた風景。

街に戻って作品をみる。

高松

高松に戻って二度目のうどん。 地元のサラリーマンが行く店って感じで良かった。

retty.me

直島

直島は今回訪れた島のうち最も都会って感じの島。 展示作品も沢山あり、ゲストハウスやおしゃれなカフェも沢山ある。

ドットの可愛いフェリー「なおしま」で、高松から直島へ。

船のご紹介 | 直島行きフェリー・旅客船、豊島・犬島行き高速旅客船なら四国汽船株式会社

とにかく風景が綺麗である。

豊島には地中美術館という有名な美術館がある。 たった4人の作品が常時展示されている。 土地と空間を贅沢に使っていて、本当に作品の世界に入り込む事ができる。 一つの作品を展示するためにちょっとした体育館くらいの空間を使っていて、嘘みたいだった。

benesse-artsite.jp

夕飯は Little Plum で食べる。

http://www.littleplum.net/

retty.me

島の人々のパーティ会場という感じだけど、ちょっとサブカル感があって、気軽に入れそう。 隣のお兄さんは2時間くらいずっと音楽雑誌読んでた。 直島ビールを飲みながらオムレツを食べるなど。

夜はライトアップされている作品もあった。

直島の民宿でぐっすり眠れた。

2016-09-24

直島から thunderbird で豊島へ。

船のご紹介 | 直島行きフェリー・旅客船、豊島・犬島行き高速旅客船なら四国汽船株式会社

豊島

電動アシスト自転車を借りた。 自分が漕いだ分より多く進むので異常な感覚。

豊島美術館に行って街に戻るだけで時間が潰れてしまった。 豊島美術感にはなんと作品がたったの一つしかない。 とにかく巨大な体験ができる。

しんと沈む床に横たわる人々、空中に浮かぶ断面、足音より静かにこぼれる水滴。

こちらも館内撮影禁止ということで写真は残っていない。

benesse-artsite.jp

美術館までの道は、これが島か、という風景。 見たことない大きな鳥が眼上に数羽ループを描いている。 道端に群れる花に蝶、ヤシの木、坂、遠くから微かに聞こえるギターの音。

繰り返し口に転がすレモンジュース、の弾ける泡、ガラス瓶と同じ彩度で透ける潮風、雑念のないアスファルト、やさしい廃園、息をする速度で揺れる水の音、

犬島

最後は犬島。 今回の旅で一番小さいかも?

到着するなりカレーを食べる。 テラス席に座ると、布ごしの太陽が気持ちいい。 となりのフランス人夫妻と会話するなどした。

retty.me

犬島精錬所へ。 銅の精錬所跡を利用した美術館。 三分一博志の建築がやたらかっこいい。 例によって内部の写真はない。

benesse-artsite.jp

少しだけ展示をみて、船で岡山へ。

感想

見たことのない良いものを沢山見れた。 旅行大成功である。

事前に見どころをリストアップしておいたのだけど、どうやら一度や二度行くだけじゃ到底まわりきれそうにない。 瀬戸芸目当てで来る人は一週間は島にいる必要があるだろうなあ。 でも、また行く口実ができてうれしい。