読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
月 の 上

瀬戸内の島めぐり(2): 女木島,直島,豊島,犬島

前回のつづきです。

amagitakayosi.hatenablog.com

2016-09-23

高松

5:30に起床して即うどん。 釜バターうどんで有名なお店らしい。 店内には有名人のサインが沢山飾られていた。 6時オープンで6:10くらいに入店したのに、すでに店内に15人くらいいてすごい。

retty.me

女木島

きのうの男木島につづいて女木島へ。 女木島は鬼ヶ島のモデルとなった島らしい。 むかし瀬戸内海を荒らしていた海賊のアジトが鬼ヶ島洞窟であり、鬼退治とは海賊討伐を表している、とのこと。

バスが渋い。

山の上に鬼ヶ島洞窟がある。 港の案内所でレンタサイクルを借りて登る。 「電動自転車にしとけ」という案内所のおじさんを振り切ってママチャリにしたのだけど、これがまた大変で、前日の山登りにつづいて汗だくになりながら立ち漕ぎしまくる羽目になった……。 まあその分下りが爽快だったし、いい経験であった。

洞窟内ではカオスラウンジの作品が展示されていた。 めちゃくちゃ雑な映像が流れていたり、雑な写真が置かれていてひどくて良かった。

山からみた風景。

街に戻って作品をみる。

高松

高松に戻って二度目のうどん。 地元のサラリーマンが行く店って感じで良かった。

retty.me

直島

直島は今回訪れた島のうち最も都会って感じの島。 展示作品も沢山あり、ゲストハウスやおしゃれなカフェも沢山ある。

ドットの可愛いフェリー「なおしま」で、高松から直島へ。

船のご紹介 | 直島行きフェリー・旅客船、豊島・犬島行き高速旅客船なら四国汽船株式会社

とにかく風景が綺麗である。

豊島には地中美術館という有名な美術館がある。 たった4人の作品が常時展示されている。 土地と空間を贅沢に使っていて、本当に作品の世界に入り込む事ができる。 一つの作品を展示するためにちょっとした体育館くらいの空間を使っていて、嘘みたいだった。

benesse-artsite.jp

夕飯は Little Plum で食べる。

http://www.littleplum.net/

retty.me

島の人々のパーティ会場という感じだけど、ちょっとサブカル感があって、気軽に入れそう。 隣のお兄さんは2時間くらいずっと音楽雑誌読んでた。 直島ビールを飲みながらオムレツを食べるなど。

夜はライトアップされている作品もあった。

直島の民宿でぐっすり眠れた。

2016-09-24

直島から thunderbird で豊島へ。

船のご紹介 | 直島行きフェリー・旅客船、豊島・犬島行き高速旅客船なら四国汽船株式会社

豊島

電動アシスト自転車を借りた。 自分が漕いだ分より多く進むので異常な感覚。

豊島美術館に行って街に戻るだけで時間が潰れてしまった。 豊島美術感にはなんと作品がたったの一つしかない。 とにかく巨大な体験ができる。

しんと沈む床に横たわる人々、空中に浮かぶ断面、足音より静かにこぼれる水滴。

こちらも館内撮影禁止ということで写真は残っていない。

benesse-artsite.jp

美術館までの道は、これが島か、という風景。 見たことない大きな鳥が眼上に数羽ループを描いている。 道端に群れる花に蝶、ヤシの木、坂、遠くから微かに聞こえるギターの音。

繰り返し口に転がすレモンジュース、の弾ける泡、ガラス瓶と同じ彩度で透ける潮風、雑念のないアスファルト、やさしい廃園、息をする速度で揺れる水の音、

犬島

最後は犬島。 今回の旅で一番小さいかも?

到着するなりカレーを食べる。 テラス席に座ると、布ごしの太陽が気持ちいい。 となりのフランス人夫妻と会話するなどした。

retty.me

犬島精錬所へ。 銅の精錬所跡を利用した美術館。 三分一博志の建築がやたらかっこいい。 例によって内部の写真はない。

benesse-artsite.jp

少しだけ展示をみて、船で岡山へ。

感想

見たことのない良いものを沢山見れた。 旅行大成功である。

事前に見どころをリストアップしておいたのだけど、どうやら一度や二度行くだけじゃ到底まわりきれそうにない。 瀬戸芸目当てで来る人は一週間は島にいる必要があるだろうなあ。 でも、また行く口実ができてうれしい。

瀬戸内の島めぐり(1): 高松,男木島

今年のシルバーウィークは、有給を使って瀬戸内海の島々を観光した。 瀬戸内の島には、地中美術館豊島美術館といった空間を贅沢に使った美術館があったり、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)というアートイベントが催されたりしていて、そういったことに興味のある皆様の集まるホットな観光スポットとなっている。

今回は瀬戸芸の会期ではなかったが、会期外でも沢山の作品が展示されていた。 展示以外にも、単純に島々を歩き回るだけで楽しめた。

2016-09-22

京都〜高松

京都からバスで高松へ。 出発2分前にギリギリで搭乗。 僕は乗り物酔いに弱いから前日に薬を買っておいたのだけど、コンビニに行く時間もなくて、志津屋で買ったクリームパンで無理やり飲み込んだ。

男木島

高松港から高速船「めおん」で男木島へ。 女木島、男木島をつなぐということで「めおん」。「ん」がどこから来たかは知らない。

到着したら「円」でご飯。 お米が独特な感じでおいしい。

灯台へ向かう。 道中には、よくわからないテンションで書かれた道標が置かれている。

灯台から街へ帰るのに、少し観光スポットも見ていこうと山の方へ歩いたのだけど、これが予想を遥かに上回る険しさで、途中マジで死を覚悟した。 サンダルで気軽に入っていい山ではなかった……

街に戻って作品鑑賞。

男木島は猫がおおいことでも有名。 街を歩くと、野良猫に餌をやるなとか、さくらねこ についての啓蒙ポスターが沢山貼られている。

豊玉姫神社からの眺め。 山幸彦と海幸彦のお話にでてくる豊玉姫の神社だそうな。 あと「男木島は龍宮城だった」みたいな話もあるらしく話題が豊富。

もしこの島に生まれてたらこの神社に入り浸ってただろうな、と思うような風景。

高松

高松のアーケードをあるく。

夕飯。 去年に引き続き、骨付鳥を食べる。 ライブハウスの隣にある店で、壁にいろんなバンドのポスターが張ってあってなんだか親しみやすい。

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37005271/

長くなったので続きは明日。

僕は家政婦だから家の棚を掃除している。ここは僕の部屋。亡くなった伯父の蔵書と地球儀、ミロのヴィーナスのミニチュア、箱根で買った組木細工など、過去に存在したものが僕の持つ本、生活用品と入り混じって積み重ねられている。部屋は薄暗く、ぴったり閉じたブラインドの隙間から漏れる光だけがあり、それなのに空気中にホコリを舞うのがよく見えるくらい、視界の減衰が遅い、新しい眼鏡をかけた時のよう。

ふと、目の前に緑色、烏色、薄いオレンジのかたまりが現れる。 天井まである棚の茶色を背に、生きているはずのない海の生物が、ぶよぶよした膜につつまれて、薄く光っている。 魚が二匹と、エビ、クラゲ。どこか見覚えのある外見をした生物たちだ。

視界の左上に一等まぶしい塊が浮かぶ。タツノオトシゴ。こいつら、この部屋の絨毯に描かれている生物だ。 現実には僕の部屋にカーペットなんて無いしこんな生物に覚えはないが、とにかくそういう実感がある。

絨毯から目を離すと彼らは消えていた。

◆ ◆ ◆

書棚にある百科事典から以下の情報を得た。

  • 夏の日陰で発生する
  • 白くて蒸発する光で絵が焼けるとき、絵の中の生物が浮かび上がる
  • 炎昼は夏の季語

それはとても嬉しい情景なので、なんとかしてまた見たい、と試行錯誤をする。 外をより暑い天気にしてみたり、ブラインドの角度を変えたりしてみるも、なかなか上手く行かない。 夏休みが終わり、諦めて会社へ向かう。

◆ ◆ ◆

本当の僕のオフィスは7Fだけど夢では20Fくらいで、窓から見える風景は高く、あと他のビルとの間隔が常に揺れ動いていて、遠くには津波が見える。今日は風が強い。 同僚に方法を聞いてまわるが、だれもまだ絨毯の現象に出くわしたことが無いという。

喉が痛くて薬がほしくなる。うちの会社に給湯室はないが、今回は給湯室に薬箱があるというので取りに行く。 箱はいつも使っている無色プラスチックの、上下2層にわかれていて、だいたい上の層にロキソニンが入っているその場所に、分厚く折りたたまれた手紙が挟まっている。 それは僕にあてた手紙だった。知らない誰かが、現象をもう一度みるためのアドバイスを書いてくれたのだった!

◆ ◆ ◆

そこで目がさめた。

タツノオトシゴを見る方法はもう忘れてしまって、わからない。

2016-09-04: 琵琶湖

琵琶湖に行った。

経緯

前日梅田に行ったので、日曜は近場でうろうろしようと思っていた。 ところが、外に出てみるとあまりにも快晴である。 予定を変更し、どこか遠出することにした。

コード書いたりアイロンがけに熱中したりしてたので、出発した時点で既に14時を回っていた。 自転車で行きたいとこリストのトップは奈良だったが、これから行くには厳しい。 夜までに京都に帰ってきて無印にいく必要がある。 靴に穴が空いたので、同じ靴をもう一足買わなければならないのだ。

Google Mapsで適当に調べると、なんと琵琶湖まで10キロちょっとで行けることがわかった。 車なら一時間弱。 トンネルとか山道とかあるだろうけど、とりあえず行けるとこまで行ってみよう、ということで、琵琶湖に向けて出発した。

東山 -> 山科

東山五条からほんの数分で、完全に「山」という景色になることにびっくり。 家から十数分で気軽に山にいけるなんて……

心霊スポット

「これほんとに琵琶湖いけんの?」と心配になってググったら「自転車はやめておけ」「心霊スポットがあるぞい」という情報があってビビる。 こわいので引き返すことにしたんだけど、脇道にそれた時にチラと見えた心霊スポットがあまりにも良すぎて、やっぱり進むことにした。

これツイートした瞬間に頭上の明かりが切れた。すごい。 心霊スポットってあまり行くことないけど、フィードバックが豊富でサービス精神があるなあ。

抜けると涼しい山道。

山科 -> 琵琶湖

山のむこうにも街があるなんて!と当然のことに驚いた。 いつも住んでいる京都とは全く趣の違う、山の圧迫感のある風景。

リサイクルショップ、神仏が激安で売っていて良い。

琵琶湖

15:50くらいに到着。結構迷いながら来たのに、本当に近いんだな。

広い!くさい!のどか!

鳩かわいい

鴨かわいい

帰り道

帰宅

  • このあと買い物→会社行く、というつもりでMacBook背負ってたんだけど、腰の筋肉にダメージが来た

    • 結局シャワー浴びるため一度帰ったのでMacBook無駄だった 😇
  • 一時間ちょいで琵琶湖に行けることがわかって便利

    • 一番軽いギアでくるくる回せば意外といける
    • 琵琶湖一周したいなあ

Slackのファイルアップロード機能をTODOリストとして使う

f:id:amagitakayosi:20160901105831p:plain

Slackの右側のペイン、使ってますか?
メンション一覧くらいしかマトモに使える機能ないんじゃないでしょうか。

f:id:amagitakayosi:20160901105947p:plain

アップロードされたファイル一覧したりできるんだけど、その中に Posts というのがある。
なんだこれ、って開いてみると、謎のドキュメント入力欄が出てきたりするのだけど、いまいち使い勝手がよくない。
そこで、 API から Posts を投稿/削除することで TODO リストとして使う、という CLI アプリを作ってみた。

github.com

インストール

$ npm install -g @fand/todo-slack

その後 ~/.todorc に以下を入力して準備完了

// .todorc
{
  "token"    : "__YOUR_SLACK_API_TOKEN__",
  "user"     : "__YOUR_SLACK_USER_ID__",
  "channels" : "#__CHANNEL_NAME_TO_POST_",
};

使い方

TODO追加

$ todo add 牛乳買う 2パック
Added TODO:
- 牛乳買う (2パック)

TODO削除

$ todo remove 牛乳買う
Removed TODO:
- 牛乳買う (2パック)

TODO名は省略できる

$ todo remove 牛
Removed TODO:
- 牛乳買う (2パック)

TODO一覧

$ todo list
TODOs:
- 砂買う (2㌧)
- 塩買う (2キロ)
- 牛乳買う (2パック)

問題点

素直にTODOアプリ使うほうが楽【完】